カニに関するエトセトラを語る

カニのシーズン

蟹を食べるシーズンと言えば、冬だというイメージがあります。
それはなぜなのでしょうか。

 

やはり蟹にとっての旬が冬というところにあると思います。
ほとんどの蟹の旬は冬ですので、やはり冬になるとシーズンが来たという風に毎年思ってしまう人も
多いでしょう。
そんなシーズンになると、みんなで囲みたくなるのが、あたたかいカニ鍋です。
その鍋に蟹を入れて食べるのは最高です。
鍋に入れることによって、いい出汁も出るようになりますので、しっかりと堪能することが
できるようになっています。

 

しかし最近では、シーズンの時以外でも通販などを使えば手に入れることが出来るようになってきています。
ですので、無理にシーズンに食べなくても、食べようと思えば食べれるのです。

 

もちろん旬の時に食べるのが美味しいものではありますが、食べたくなったときに食べるのが一番です。
そうすることによって、いつでも美味しく蟹を食べることができるのではないかと思います。"

 

11月になると蟹が解禁になります。
解禁と同時に魚屋さんの店頭には赤々とした蟹が並びます。
福井県は蟹の名産地で越前蟹と呼ばれています

 

福井県の物と証明する為に福井県は黄色いタグがつけられています。
福井県はセイコ蟹というメスを食べる習慣があります。
メスの小ぶりですが、その代わりに卵やカニ味噌を味わう事ができます。
セイコはあまり福井県以外では食することができない福井県ならでわの名産物です。

 

解禁当時は高値ですが12月ごろにはいると段々と値段も落ちてきます。

 

その時期になると水ガニと言われる物が出回ってきます。福井県ではズボと呼んだりしますが、
これは脱皮をしたオスで大変甲羅などが柔らかく、味も甘みがあり大変人気があります。
またお値段も他の物と比べると安価です。

 

水ガニは、12月下旬解禁ですが、はじめの頃はあまり身の入りが良くないので、
1月中旬頃から販売しているお店が多いです。
福井県にきた際は名産のカニを食べるとよいです。